オンナと認めてあげよう人妻を

2009年10月3日

 人妻 出会いとくれば、人妻の「女子力」ですね。昔の人妻はエロいことを禁止されていて、ひたすら夫と子供のために尽くす存在だったから、それがエッチの対象になるという妄想がエロスを生んでいたわけです。ところが今は人妻であろうと独女であろうと、オンナを捨てていませんから、恋愛もエッチもするんですね。独身時代に「愛されること」しかやってこなかった人は、人妻になっても「恋愛していないと何して良いんだか分からない」という状態になっちゃうという。そこでボク達独身の男が登場するわけです。

人妻 出会い

人妻 出会いといえば、すなわち「オンナと認められること」です。オンナは灰になるまでオンナと言われるように、男は男と見なされなくても、自分にチンポが付いている限り男であることを証明できますが、女は男に認められて初めてオンナであることを証明しなければならないんです。オンナと見なされない人の怒りの声があります。

先日、私が体調を崩した時に鍋を作って家によんでくれた職場の先輩がいます。
私は以前からその人に好意を持っていて、お礼もかねて今度は私の家に来てもらい一緒にごはんを食べました。
その後二人でテレビを観たりしているうちに、彼は私の家で寝てしまい
そのまま朝まで熟睡でした。
これって女として見られていないってことでしょうか。その発想が僕には疑問です
別に好きだとか付き合おうとかそういう話はないんですよね?
僕は互いの意思確認もしてないのに手を出すなんて不可能です。

女性として見てる見てないは別問題では?

こんな感じなんです。襲えば襲ったといって文句を言うし、襲われなければ襲われないでオンナとして見なされないと文句を言うのがオンナです。だから人妻だからと言って遠慮することはないんですよ。人妻だからこそ、いっそうオンナとして扱ってやること。それがボク達に課せられた使命なんです。ぜひ人妻 出会いを経験して、彼女たちを賞賛してみてくださいね。

こんなブログも参考になります。
出会い情報局01 運命の出会いを求めて
くるみ割り人形と青い鳥
出会える無料出会い系情報サイトH

女子だって彼氏が欲しいんです

2009年9月20日

 彼女の作り方を考えるときに、彼女ってなんだろうっていうことを考えてみましょう。昔なら簡単だったんです。「俺のオンナ」ですから。もう所有物ですね。今でも基本は変わっていないようですが、 彼女 友達の境目ってどんどん曖昧になっていますよね。相方なんていう言い方もしますし、恋人とかいうのはちょっと重いかなという感じです。平成も終わり近くのイマドキ、彼女の作り方もライトに行かないとね。そんなことを考えながら、 彼女の作り方を読んでみました。

彼女の作り方

彼女の作り方って、ある意味簡単ですよ・だって。女友達との親交を深めていって、そのままつきあえばいいだけですからね。そうそう、女性向けのアドバイスでこんなのがありましたよ

好きになったらあなたから告白をせずに、告白してもらえるように努力をしましょう。

具体的には男性は追いかけたい生き物だということを知ることです。

男性を”鬼”にして、あなたが逃げるという”鬼ごっこ”を始めるのです。

でも、相手が”鬼”と認識していないまま勝手にあなたが逃げても、鬼は追いかけてくれません。

まずは彼のテリトリーに入り込むところから始めましょう。

彼のプライベートな人間関係の中に入り込んで、仲良しの友だちを目指すのです。

最初は単なる友だちの一人から始め、一緒にいる時間を増やして女のコの親友的存在になり、それから彼女へと地位を上げていけばいいのです。

女子がこんな調子ですから、男子だってそれほど彼女作りにこだわることがないのです。親友のまま、彼女なんだか友達なんだかわからない状態を維持ししても良いわけですからね。


そうです。女子だって彼氏が欲しいんです。彼氏が欲しい女子と彼女が欲しい男子、結局この世は男と女が引かれ会う世界なんですよ。自分には彼女なんかできないと思っているそこの貴男。熱烈な恋じゃなくて、普通の恋をしましょう。必ず乗ってくる女子がいます。

メル友とのハッピーライフ 
ロハスと紅茶で輝きライフ 
出会いは一輪の花のように 

出会い系こそが運命だ

2009年9月11日

  神様や仏様が決めた運命の人なんていません。人間の感性だけが持ち得る鋭い直感で、「この人なら」と思えた人のことを運命の人と呼ぶのです。

でも、自分が決めたことにすると、失敗だったときの責任も自分で負わなければいけません。そこで運命の人という便利な言葉が生まれたのです。

というか、婦女子のみなさん、運命の人の年収が150万円だったら、「この運命はスルー」しちゃうでしょ(笑)その時点で運命を信じていないことになりますね。

でも、限りなく運命が待っている場所があります。無料出会い系サイト体験談を読むとわかりますが、多くの人が運命の人と出会っています。決めているのは誰なんでしょう。きっとインターネットの神様なんでしょうね。


 

無料出会い系サイト体験談


無料出会い系サイト体験談で、読んだ話ですが、今まで必死に恋人探しをしたり、合コンに出たりしても彼女が見つからなかった人が、無料出会い系サイトであっさり恋人を見つけて結婚しちゃったんですね。
あえて運命を持ち出すならば、出会い系サイトと出会ったことが運命なのです。

こんな相談がありました

出会い系で知り合った彼と来年の5月に結婚する予定です。
彼とは2年半のお付き合いになりますが、月日が経つにつれお互いを知り、惹かれ合い、会うたびに好きになりました。2年半過ぎた今でもそうです。
ただ、私は彼との出逢い方を出会い系と両親には言えず、飲み会で知り合ったと嘘を付いています。特に父は、出会い系=悪いニュースと考えていて、とてもじゃないけど言えません!!このまま嘘を通そうとも思いましたが、出逢い方を聞かれる度に曖昧な答えになり、嘘を付いている自分自身も嫌だし、今後彼を親戚などに紹介する機会が増えることを考えると、必ず話のネタで出逢い方を聞かれると思うんです。
出会い系で知り合って結婚された方がいたら、どう紹介したか教えて下さい。
ちなみに彼は正直に自分の両親に出会い系と言っているそうです・・・。

でも、それは気にすることはないんですよ。出会い系が運命だったんです。出会いの神様はそれぞれの人にふさわしい出会いを用意してくれますからね

 陵も濡れる三軒茶屋

mixi友達と過ごす日々

オーソドックスライフ 恋愛体質全開でハッピーライフ

メル友の中に運命の人がいるかも

2009年9月3日

運命の人っていると思いますか。これって考え方次第で、たまたま偶然につきあっている人と、ずっと永遠に一緒にいたいと思った瞬間に、その人が運命の人になるという考えもありますし、どこか遠い知らないところに運命の人が待機していて、自分と出会うのを待っているという考えもあります。
メル友だからといって運命の人じゃないってことはないですよね。メル友から運命の人に発展することだって十分あり得ます。


メル友

メル友って、ある意味文字だけでつきあいが続くから、純粋な気持ちになりがちですよね

携帯メールがマメな人は正直言って疲れます。いくらマメな男性でも、長期的に一日何度も携帯メールする人ってあまり居ないと思いますし…。って言うか、そんな人、仕事はどうしたの?ってちょっと不気味に感じるかも知れません、私だったら。異性相手なら特に。男性もほとんど会うことを希望しているようですし。会うことを頑なに拒否してしまうとやはり終わってしまうように思います。それから具体的なメールのコツとしては、相手に興味を持って、質問上手になること、そこにちょっと自分のエピソードを加えて相手がつっこみやすくする事、だと思います。メールはやればやるほどコツが分かってきて上手くなると思いますし、相性のいい相手を探すカンが働くようになってくると思います。続かない相手は続かない、そう割り切って、いいお相手を探してください。

多分気軽にメル友が作れるサイトだと思いますが
見ず知らずの人とメールするというのは基本的に
会って話すより楽なんだと思います。
だってもしメルトモが気に入らなければ、メールさえ返さなければそれで関係を終わらせることができますからね。
会ってすぐ終わるということですがごく普通のことじゃないでしょうか。大体メールをしていて会いたいなあと思う時って言うのはやり取りの中で面白そうな人だと感じたり
メールだけの関係ではなくてリアル友達のように(もしくは恋人)親密になりたいからだということだと思います。
ここにはメール期間が長い、短いはあまり関係ないと思います。1回会って終わるということは外見が好みじゃないかもしくはメールでの印象と違って実際はあまり楽しくないなあと思われたりするからだと思います。
所詮メルトモはあなたの一部分しか知らないし、気に入ったらリアルでも友達になるし、気に入らなければメールしないという非常に軽い気持ちでやってる場合が多いと思います。
実際私も40人くらいの女性と会いましたがリアルでも友達付き合いがあるのは1人だけです。(とても大切な親友ですが)あまり気にせず、実際会ったらかたひじはらずに女の子を楽しい気持ちにさせるように接する努力をしていれば良いと思います。

メル友づくりならこんなブログも参考になりますよ

メル友とのハッピーライフ

ステキな出会いと恋愛を応援します

Hello world!

2009年8月19日

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!